平成29年4月7日更新

文化庁文化力プロジェクト公式認定ブログ
「尽きることのない感動に出会える国、日本」
観光庁『国際交流推進』公式認定ブログ

◆今回の更新場所
企画展チラシ更新
◆注意事項◆
情報を掲載するに当り、出来る限り正確な情報をお伝えできるようにしておりますが、念のため、お出かけの際には必ず公式サイトでの確認をお願い致します。※祝日等の関係で休館日の変更をしている場合があります。

当ブログはランキングに参加しております。
ページ下方にバナーがございますので、宜しければポチッと御願いいたします。

【上野周辺エリア】
1:下町風俗資料館
  


2:上野の森美術館
      


3:国立西洋美術館3333
11国立西洋美術館5月28日(日)
デンマークと日本の外交関係樹立150年を記念して開催される本展は、スケーエン美術館が所蔵する59点の作品により、デンマークの近代美術を代表するスケーエン派 の絵画を紹介します。    


4:国立科学博物館4444
5国立科学博物館6月11日(日)   
本展は、大英自然史博物館から始祖鳥をはじめとする 至宝約370点を厳選して展示します。ほとんどが日本初公開で、ロンドンで常設展示されているのも17点のみ。貴重な標本を間近に見られる絶好の機会です。 


5:東京国立博物館
        


6:東京都美術館
    
 


7:上野動物園
 


8:東京藝術大学美術館
        



10:書道博物館
 



11:一葉記念館
   


12:石洞美術館
      


13:アミューズミュージアム
 6アミューズミュージアム2018年3月25日(日)
本展では、田中忠三郎コレクション以外に、兒嶋俊郎氏 (兒嶋画廊)、岡宗さよみ氏(アートギャラリー萩舎)が収集された貴重なボドコも展示しています。粗末なぼろ布に現れた思いがけない美の世界。消費文化の対極のアートをご覧ください。


14:文京区立森鴎外記念館
     



【東京・皇居周辺エリア】

15:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
31ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション5月7日(日) 
夢と現のあいだを、はだしで散歩するような、あたたかな孤独に包まれて、南桂子(1911-2004) の作品は 今もここにあり続けています。南桂子の銅版画約50点と浜口陽三の銅版画約20点を展示します。


16:三井記念美術館
    


17:ブリヂストン美術館
・5月18日より、数年間休館いたします。


18:東京国立近代美術館
フィルムセンター

   


19:相田みつを美術館  
 


20:出光美術館
     



21:印刷博物館
印刷博物館 
身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされています。本展では日本で開催されている三つの大規模なパッケージコンクールの受賞作品を展示、現代のパッケージデザインや機能の進化を紹介します。



22:昭和館
7昭和館5月7日(日)
高橋春人は、戦中・戦後に多くの公共ポスターを手がけた、黎明期の公共広報デザインの第一人者です。
昭和館には遺族からポスター等160点が寄贈されており、本展ではこのコレクションを中心に、写真や関連資料を併せて紹介し、戦中から40年代  に至る彼の足跡をたどります。  


23:科学技術館
展示は、見て・触って・からだ全体を使って体感し、自分の知識や興味に応じて楽しみながら科学と技術に興味・関心を深めていただけるようになっています。
詳しくはこちらから → ★


24:東京国立近代美術館
32東京国立近代美術館5月7日(日)  
本展は、ブロイヤーの家具デザインに見られるいくつものバージョンの違いに注目しながら、国内外のコレクションによる家具約40点で構成します。     


25:東京国立近代美術館工芸館

33東京国立近代美術館工芸館5月21日(日) 
作家たちが、さまざまな素材と技法で表現した、動物の生き生きとした姿をお楽しみください。  


【目黒・港・世田谷エリア】

26:パナソニック汐留ミュージアム
   


27:菊池寛実記念 智美術館
 8菊池寛実記念 智美術館 5月28日(日)  
本展では、書、抽象画、リトグラフなど旧作から最新作まで約50点(予定)を展示します。篠田氏の格調高い世界をご覧いただきます。


28:泉屋博古館分館
34泉屋博古館分館5月7日(日)     
春を彩る屏風の名品と、茶道具や新収蔵品のおもてなしのうつわを合わせて披露します。


29:森美術館
14森美術館6月11日(日) 
N・S・ハルシャの初のミッド・キャリア・レトロスぺクティブ(※)   となる本展では、1995年以降の主要な作品を網羅しながら、現実世界の不条理、具象と抽象、イメージの繰返しなど、彼の実践に一貫して見られる関心を掘り下げます。
※ ミッドキャリア・レトロスぺクティブとはアーティストのキャリアの晩年や没後に開催されるイメージが強い「回顧展」に隊して、一定のスタイルを確立した中堅アーティストの数十年間の仕事を網羅的に見せる展覧会。


30:国立新美術館
35国立新美術館5月22(月)
本展では、2009年から草間が精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」のうち日本初公開作品約130点を中心に据え、初期から現在に至る創作活動の全貌を約270点の作品によって総合的にご紹介します。      



31:戸栗美術館
9戸栗美術館5月14日(日) 
江戸時代から伝わる技術を継承しながらも、次世代への新しい展開をみせる、柿右衛門のすべてをお楽しみください。     


32:山種美術館
36山種美術館4月16日(日)  
本展では、院展と日展の日本画家の作品を中心に、東京画壇の歴史に名を刻む主要な作品を一堂に展示いたします。 


33:松岡美術館
17松岡美術館5月14日(日)


34:国立科学博物館付属
自然教育園



36:目黒区美術館
   



37:郷さくら美術館東京
37郷さくら美術館東京5月28日(日) 
現代日本画の30名の作家たちが、日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、それぞれの持ち味を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画に仕上げています。現代日本画家たちの個性を、豊かな桜花の美しさを、どうぞお楽しみください。      


38:アクセサリーミュージアム
38アクセサリーミュージアム4月29日(土)
今回は時代別に「近代磁器の黎明」「煌めきと輝き」「アールデコの光」と3つのテーマに分け、すばらしい近代の輸出磁器を展示します。      


39:五島美術館
o五島美術館5月7日(日)    
館蔵品の中から、すぐれた歌人の肖像画(歌仙絵) 、平安・鎌倉時代の古筆(和歌の書) 、歌枕(和歌の題材となった名所)を描いた絵画や工芸品など名品約60点を展示、和歌の文化におけるイメージの形成と創作の源流をたどります。


40:世田谷文学館
  只今、改修工事の為休館中です。
2016年 9月16日~2017年4月21日(予定)


41:世田谷美術館
 
      



【新宿・池袋・王子・練馬エリア】
42:新宿区立新宿歴史博物館
  



43:損保ジャパン東郷青児美術館



44:文化学園服飾博物館
 10文化学園服飾博物館5月16日(火) 
宮廷が流行を生み出した18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、ヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの変遷を、その社会背景とともに紹介します。



45:刀剣博物館

  


46:古賀政男音楽博物館
11 古賀政男音楽博物館7月30日(日)   
開館20周年記念の特別企画として、今回の企画展では当館所蔵の古賀メロディーのLPレコードを一堂に集めて展示します。
時代や楽器によって様々なLPレコードジャケットをお楽しみください。


47:東京オペラシティアートギャラリー



50:ちひろ美術館・東京
       


51:練馬区立美術館
     



52:古代オリエント博物館
       



53:紙の博物館

    



54:北区飛鳥山博物館

今秋も、北区にゆかりのある工芸作家による新作や自信作を一堂に展観する「人間国宝奥山峰石と北区の工芸作家展」を開催いたします。
詳しくはこちらから → ★


55:東京都江戸東京博物館
 



【両国・深川・臨海エリア】

56:江東区芭蕉記念館
 


57:東京都現代美術館
現在、大規模改修工事のため休館しています。  


60:地下鉄博物館
     


61:葛西臨海水族館


62:夢の島熱帯植物園
・熱帯の果樹園  ~6月21日まで
・熱帯大温室で空中散歩  6/13,6/14 要予約


【多摩エリア】

64:日本科学未来館
  


65:武蔵野市立吉祥寺美術館
     


67:三鷹市美術ギャラリー
 


68:三鷹市山本有三記念館
   


69:調布市武者小路実篤記念館
「武者小路実篤入門」
「友情」「愛と死」「人生論」ほか幅広い文学活動,独特の作風で親しまれている書画の制作や美術コレクション,新しき村の運動と多彩な活動をした武者小路実篤の90年の生涯を,初めて実篤を学ぶ人にもわかりやすい解説でご紹介します。
詳しくはこちらから → ★


71:府中市美術館
       


72:府中市郷士の森博物館
     



73:多摩六都科学館
 


74:江戸東京たてもの園
  


75:小平市平櫛田中彫刻美術館
     


78:町田市立国際版画美術館
 
  




本サイトはランキングに参加しております。
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

よろしければ、コチラもポチッと、お願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール
本ブログサイトは、東京都内広域の美術館の展示会最新情報をまとめ、美術ファンのために「ちょっとお役立ちを」できればと、願い立ち上げた、ごくごく個人的な趣味のサイトです。その際、更新情報として、「東京・ミュージアムぐるっとパス」の情報がもっとも、正確で細密であるため、参考にさせていただいております。したがって、その運営に携わる様々な法人や団体様とは、一切関係ございません。あくまでも非公式の個人のブログサイトであることを、ご理解・ご了承の上訪問いただけましたら大変幸甚でございます。
リンク
new
◯アートショップ
サムアンドアラン

スポンサードリンク
外観の美しい美術館

十和田市現代美術館(青森県)




土門拳記念館(山形県)




水戸芸術館現代美術センター(茨城県)




石の美術館(栃木県)




宇都宮美術館(栃木県)




那珂川町馬頭広重美術館
(栃木県)




岡本太郎記念館(東京都)


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
企画展チラシ
現在公開中の企画展等の詳細チラシです。画像をクリックすると詳細ページが確認できます。

松岡美術館


5月14日まで

三菱一号館美術館


5月21日まで

国立西洋美術館


2月28日~5月28日まで

21_21 DESIGN SIGHT


2月17日~6月4日まで

森美術館


6月11日まで


演劇・シネマなど

RSSリンクの表示