平成29年7月11日更新

文化庁文化力プロジェクト公式認定ブログ
「尽きることのない感動に出会える国、日本」
観光庁『国際交流推進』公式認定ブログ

◆今回の更新場所
企画展チラシ更新
◆注意事項◆
情報を掲載するに当り、出来る限り正確な情報をお伝えできるようにしておりますが、念のため、お出かけの際には必ず公式サイトでの確認をお願い致します。※祝日等の関係で休館日の変更をしている場合があります。

当ブログはランキングに参加しております。
ページ下方にバナーがございますので、宜しければポチッと御願いいたします。

【上野周辺エリア】
1:下町風俗資料館
  


2:上野の森美術館
1上の森美術館7月30日 (日) 
当展覧会では、制作作品1,000点到達を記念し、その前人未到の表現世界を一挙公開いたします。      


3:国立西洋美術館3333
15国立西洋美術館9月24日(日) 
日本で初めて、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術を本格的にご紹介するこの機会を、どうかご期待ください 


4:国立科学博物館4444
2国立科学博物館10月1日(日)  
生物発光や巨大生物、超深海、深海と巨大災害、深海と資源などに焦点をあて、映像や実物とともに最新の研究成果を紹介します。   


5:東京国立博物館
3東京国立博物館8月27日(日 
本展は、タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割をひもといていきます


6:東京都美術館
  24東京都美術館10月9日(月・祝)  
本展では、美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、発掘調査隊の成果を含む古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる、日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までを選りすぐりの80点でご紹介します。 


7:上野動物園
 


8:東京藝術大学美術館
4東京藝術大学美術館8月6日(日) 
本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写真・資料類にもスポットをあてることによって、藝大コレクションの豊富さ、多様さ、奥深さを紹介します。 


10:書道博物館
 



11:一葉記念館
   


12:石洞美術館
17石洞美術館8月6日(日)  
本展では、石洞美術館の所蔵品の半数以上を占める陶磁器を中心に、動物を題材とした世界各地の作品をご紹介します。
時代や地域を越えて当館に集まった動物たちの姿をぜひご覧下さい。


13:アミューズミュージアム
 6アミューズミュージアム2018年3月25日(日)
本展では、田中忠三郎コレクション以外に、兒嶋俊郎氏 (兒嶋画廊)、岡宗さよみ氏(アートギャラリー萩舎)が収集された貴重なボドコも展示しています。粗末なぼろ布に現れた思いがけない美の世界。消費文化の対極のアートをご覧ください。


14:文京区立森鴎外記念館
5文京区立森鴎外記念館10月 1日
本展では、二人の弟たちに焦点をあて、彼らの生涯と業績を当館のコレクションを通して紹介します。互いを敬愛し、信頼しながら支え合ってきた森家三兄弟の絆をご覧ください。     



【東京・皇居周辺エリア】

15:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
18ュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 
この夏は、浜口陽三にちなみ、現在、未踏の 表現を拓いて進む作家3人の作品を展示します。


16:三井記念美術館
6 三井記念美術館9月3日(日) 
この展覧会では地獄と極楽の美術を通じて、日本人が抱いてきた死生観・来世観をたどります。なかでも近世以降、民間で描かれた「たのしい地獄絵」や、水木しげる「のんのんばあ地獄めぐり」などにも焦点をあて、「地獄絵ワンダーランド」を楽しんで頂きます。  


17:ブリヂストン美術館
・5月18日より、数年間休館いたします。


18:東京国立近代美術館
フィルムセンター

   


19:相田みつを美術館  
 


20:出光美術館
  


21:印刷博物館
印刷博物館 
身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされています。本展では日本で開催されている三つの大規模なパッケージコンクールの受賞作品を展示、現代のパッケージデザインや機能の進化を紹介します。



22:昭和館
 


23:科学技術館
展示は、見て・触って・からだ全体を使って体感し、自分の知識や興味に応じて楽しみながら科学と技術に興味・関心を深めていただけるようになっています。
詳しくはこちらから → ★


24:東京国立近代美術館
21東京国立近代美術館   
今期も盛りだくさんのMOMAT コレクション。どうぞごゆっくりお楽しみください。     


25:東京国立近代美術館工芸館

7東京国立近代美術館工芸館9月3日(日)
この夏はこどもたちと一緒に工芸の魅力を探ってみませんか。今年は工芸館開館40周年を記念して、おとなもこどもも工芸を楽しみながら学べるイベントが盛りだくさん!見てハッピー、知ってハッピー。ハッピーづくしの工芸館から帰ったら、あなたの部屋のハッピーの形が、前よりくっきりうかびあがるかもしれません。    


【目黒・港・世田谷エリア】

26:パナソニック汐留ミュージアム
8パナソニック汐留ミュージアム 
グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品されます。展示室という空間のなかに、イスや家電、住宅設備など生活のためのデザイン作品を配置することで、深澤の思考を立体化します。会場では深澤直人が生み出す生活の空気を体感していただけることでしょう。   


27:菊池寛実記念 智美術館
22菊池寛実記念 智美術館  
本展では、自身の眼で選び抜いたコレクションから約60点を展示し、その足跡をたどると共に、菊池智が情熱をそそいだ現代陶芸の魅力をご紹介します。   


28:泉屋博古館分館
23泉屋博古館分館  
愛刀家の間ではよく知られながら、これまでほとんど一般に見る機会が少なかった珠玉の名刀コレクション、この度東京で堂々公開!     


29:森美術館
20森美術館10月23日(月)
本展は、時代の潮流と変動を背景に発展した東南アジアにおける1980年以降の現代アートを、9つの異なる視点から紹介する、史上最大規模の展覧会です。どこか懐かしく、まったく新しい東南アジアの姿。  私たちの固定観念を覆す、ダイナミズムに満ち溢れるその息づかいを体感してください。  


30:国立新美術館
24国立新美術館 
本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。      



31:戸栗美術館
25戸栗美術館  
今回取り上げる17世紀は古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」「素地の白」など25のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆さまのお気に入りの「逸品」を是非探してみてください。      


32:山種美術館
27山種美術館
大正から昭和の日本画壇において既存の概念を打ち破ろうと強靭な意志を抱き、在野の雄として生涯描き続けた川端龍子の全貌を、12年ぶりとなるこの回顧展でご覧いただきます。    


33:松岡美術館
28松岡美術館
展示室4で 「館蔵 中国の工芸」 展示室5,6 で「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」 を同時開催しています。


34:国立科学博物館付属
自然教育園



36:目黒区美術館
9目黒区美術館    
本展では、木製玩具の魅力を「みる」「遊ぶ」「知る」の視点から紹介します。


37:郷さくら美術館東京
 10郷さくら美術館東京8月27日(日)
「夏のかほり」展では、現代の画家の目を通し伝統的な技法や新しい表現を使い描かれた、風景や人物、花や鳥などの作品を紹介する。テーマ性、絵具、画材、技法を切り口に様々な表現で描かれた作品を堪能できる。  
11 アクセサリーミュージアム7月29日(土) 
この企画展で展示するのは1960年~80年代の既成こども服の普及が進む時代に、筒井喜久恵さんが3人のわが子の為に手作りしたこども服です。一生の中で一番家族とのかかわりが持てるこども時代。コミュニケーションツールとしての「おふくろ」の可能性を探す展覧会です・ 


39:五島美術館
12島美術館  
館蔵品の中から、「染める」「漉きこむ」「摺る」「撒く」など料紙装飾に関するキーワードを元に、写経や古筆などの作品約70点を選び展示します。   


40:世田谷文学館
 21世田谷文学館9月18日(月・祝) 
古今東西、人間は「山」と共に生きてきました。本展では、『日本百名山』の著者である作家・深田久弥をはじめ、時代を超えて(山)という同じフィールドに情熱を傾けた、写真家や建築家、学者らの業績をご紹介します。この夏、「自分にとっての山(自然)」を探しに行きませんか


41:世田谷美術館
 休館のお知らせ。改修工事の為下記の期間休館いたします。
2017年7月3日~2018年1月12日まで。     



【新宿・池袋・王子・練馬エリア】
42:新宿区立新宿歴史博物館
  



43:損保ジャパン東郷青児美術館
22損保ジャパン東郷青児美術館8月27日(日) 
本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品から200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。


44:文化学園服飾博物館
23文化学園服飾博物館 9月4日(月)
本展では、江戸後期から昭和時代までの絹と木綿の着物、アジアやアフリカの民族衣装、古代インカの裂など、約25か国、130点あまりの多彩な絞りの美とその技法を紹介します。   



45:刀剣博物館

  


46:古賀政男音楽博物館
11 古賀政男音楽博物館7月30日(日)    
開館20周年記念の特別企画として、今回の企画展では当館所蔵の古賀メロディーのLPレコードを一堂に集めて展示します。
時代や楽器によって様々なLPレコードジャケットをお楽しみください。


47:東京オペラシティアートギャラリー



50:ちひろ美術館・東京
14ちひろ美術館 ・東京8月20日(日)  
本展では、高畑の視点からちひろの絵の魅力を新たに発見し、今までにない演出でちひろの絵の世界を“体感”していただきます。       


51:練馬区立美術館
    



52:古代オリエント博物館
  


53:紙の博物館

11紙の博物館 9月3日(日)  
当館へ吉澤氏の作品の一部が寄贈されたことを記念した特別展として、寄贈作品の中から、このアムステルダム市立美術館出展作品と、94年の生涯に創り出された珠玉の作品の数々をご紹介いたします。この夏、吉澤章氏の創作折り紙の世界をどうぞお楽しみください。   



54:北区飛鳥山博物館

今秋も、北区にゆかりのある工芸作家による新作や自信作を一堂に展観する「人間国宝奥山峰石と北区の工芸作家展」を開催いたします。
詳しくはこちらから → ★


55:東京都江戸東京博物館
9東京都江戸東京博物館07月23日(日)  
全国で毎年約8000件近い発掘調査が実施されていますが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。そこで、近年、とくに注目された出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会となる展覧会を開催します。今年度は、特集として水中遺跡の発掘調査成果などもご紹介します。 



【両国・深川・臨海エリア】

56:江東区芭蕉記念館
10江東区芭蕉記念館12月10日(日)  
芭蕉の門人を『蕉門』と言います。一言で『蕉門』と言っても、芭蕉の弟子になった時期や交流のあった時期も違います。また、作風も人柄も様々で、芭蕉の没後はそれぞれが独自の俳諧を広めていきました。
今回は『蕉門十哲』と呼ばれる、特に優秀な門人10人の作品、人物像、人間関係などをご紹介します。


57:東京都現代美術館
現在、大規模改修工事のため休館しています。  


60:地下鉄博物館
8地下鉄博物館7月30日(日)  
この特別展では、地下鉄の安全をまもるために、施設の維持管理を行う人々や各種防災設備について、写真パネルなどを用いて紹介いたします。     


61:葛西臨海水族館


62:夢の島熱帯植物園
・熱帯の果樹園  ~6月21日まで
・熱帯大温室で空中散歩  6/13,6/14 要予約


【多摩エリア】

64:日本科学未来館
7日本科学未来館9月24日(日)
ミッキーの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、約90年分のディズニー作品のオリジナル原画が、日本上陸。
ここでしか見ることのできない“いのちを吹き込む魔法”。   


65:武蔵野市立吉祥寺美術館
5武蔵野市立吉祥寺美術館  
本展では、浜口陽三の代表的なモチーフのひとつである“さくらんぼ”を描いた作品を集めました。   
6武蔵野市立吉祥寺美術館   
1960年に石をモチーフに制作された、萩原英雄の代表作〈石の花〉シリーズ。新しい技法によってもたらされた、しっとりした美しさが、まるで地の底にいるような、冷たく静かな世界へと観る側を誘います。萩原が愛した“石”その美しい表現をお楽しみください。


67:三鷹市美術ギャラリー
 


68:三鷹市山本有三記念館
   


69:調布市武者小路実篤記念館
「武者小路実篤入門」
「友情」「愛と死」「人生論」ほか幅広い文学活動,独特の作風で親しまれている書画の制作や美術コレクション,新しき村の運動と多彩な活動をした武者小路実篤の90年の生涯を,初めて実篤を学ぶ人にもわかりやすい解説でご紹介します。
詳しくはこちらから → ★


71:府中市美術館
       


72:府中市郷士の森博物館
     



73:多摩六都科学館
4多摩六都科学館    


74:江戸東京たてもの園
3江戸東京たてもの園9月10日(日)     
2016年(平成28年)、上野の国立西洋美術館が、東京初の世界文化遺産に登録されました。それを記念して、公益財団法人東京都歴史文化財団連携事業「ル・コルビュジエと前川國男」を開催します。


75:小平市平櫛田中彫刻美術館
2小平市平櫛田中彫刻美術館9月10日(日) 
平櫛田中の107年にわたる彫刻家としての人生を、平櫛田中の作品や当時の資料、当館オリジナル漫画『田中彫刻記』とともに紹介する展覧会です


77:八王子市夢美術館
25八王子市夢美術館9月3日(日)
初代(1977年)~8代目(2016年)の歴代玩具に加え、商品や絵本などに掲載されたイラスト原画もあわせて展示します。    


78:町田市立国際版画美術館
 1町田市立国際版画美術館7月23日(日)   
戦争の悲惨な光景を、画家はくりかえし版に刻んできました。その中でも代表的な作品とされる、ジャック・カロ、フランシスコ・ゴヤ、オットー・ディックス、3人の画家による銅版画集をご紹介します。  




本サイトはランキングに参加しております。
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

よろしければ、コチラもポチッと、お願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール
本ブログサイトは、東京都内広域の美術館の展示会最新情報をまとめ、美術ファンのために「ちょっとお役立ちを」できればと、願い立ち上げた、ごくごく個人的な趣味のサイトです。その際、更新情報として、「東京・ミュージアムぐるっとパス」の情報がもっとも、正確で細密であるため、参考にさせていただいております。したがって、その運営に携わる様々な法人や団体様とは、一切関係ございません。あくまでも非公式の個人のブログサイトであることを、ご理解・ご了承の上訪問いただけましたら大変幸甚でございます。
リンク
new
◯アートショップ
サムアンドアラン

スポンサードリンク
外観の美しい美術館

十和田市現代美術館(青森県)




土門拳記念館(山形県)




水戸芸術館現代美術センター(茨城県)




石の美術館(栃木県)




宇都宮美術館(栃木県)




那珂川町馬頭広重美術館
(栃木県)




岡本太郎記念館(東京都)


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
企画展チラシ
現在公開中の企画展等の詳細チラシです。画像をクリックすると詳細ページが確認できます。

岡田美術館


7月21日まで

清川泰次記念ギャラリー


7月23日まで

向井潤吉アトリエ館


7月23日まで

宮本三郎記念美術館


7月23日まで

新潟市美術館


7月23日まで

北海道立旭川美術館


8月20日まで

神奈川県立金沢文庫


8月20日まで

静岡市東海道広重美術館


8月20日まで

東京国立博物館


8月27日まで

新潟県立近代美術館


8月27日まで

鏑木清方記念美術館


8月27日まで

静岡市美術館


8月27日まで

戸栗美術館


9月2日まで

東京富士美術館


9月3日まで

新潟県立万代島美術館


9月3日まで

佐野美術館


9月3日まで

国立新美術館


9月4日まで

秋田県立近代美術館


7月15日~9月18日まで

松岡美術館 展示室5、6


9月23日まで

松岡美術館 展示室4


9月23日まで

Bunkamuraザ・ミュージアム


7月15日~9月24日まで

国立西洋美術館


9月24日まで

ポーラ美術館


9月24日まで

国立科学博物館


10月1日まで

東京都美術館


7月20日~10月9日まで

ホキ美術館ギャラリー1


11月12日まで

北澤美術館


2018年3月31日まで

渋沢史料館


2019年11月30日まで


演劇・シネマなど

RSSリンクの表示